top of page

【まちづくり×web3】大田区・蒲田のハロウィンイベントにて、子どもの絵をNFTにして保存する、"Oekaki COLLECTIONプロジェクト"を実施

更新日:1月7日

日本のハロウィンといえば、渋谷や川崎をイメージすると思いますが、

2023年はハロウィンで度々起きるトラブルなどを考慮してそれらが中止となりました。


一方で東京都大田区の蒲田では、

子どもたちが楽しめるハロウィンイベントとして今年も開催しました。

1日350人ぐらい子どもが集まり、大盛況でした。

11-15時で開催していることもあり大きなトラブルもなく、

子どもが街中で楽しめるイベントはとてもハッピーな気持ちになりますね。


ollyは蒲田駅西口駅前広場にて、集まった子どもたちが楽しめるコンテンツとして、

ハロウィンお絵かきブースを企画して実施させていただけることになりました。

子どもたちがハロウィンに対してイメージしているものを描いてもらい、

ハロウィンらしくお菓子をプレゼントしました。


お絵かきブース自体はよくある企画かもしれませんが、

今回はollyが積極的に取り入れたいと考えるweb3技術を活用し、その場所にいた子どもたちの絵をデジタルデータとして残すために、NFTのコレクションを作成しました。


2日間で、絵が150枚ほど集まってしまったためアップロードに時間がかかっておりますが、とうとう公開しました!


是非ご覧ください!(すべてアップしました!※2024年1月更新)


大反響いただいたブースでしたが、

ブースの運営・お菓子の配布・NFT化にコストがかかるので、

NFTが売れない限りは赤字プロジェクトです!


このプロジェクトいいねと思ってくれた方、NFTが欲しい、購入したいと思ってくれた方、オファーお待ちしております!


ジャスティンビーバーに保有していただくのが夢です!

閲覧数:11回0件のコメント

Opmerkingen


bottom of page